Workshop and Lecture

ドライポイントと石膏刷りワークショップ

開催内容


群馬県前橋市のギャラリースペースMで石膏刷りワークショップを開催しました。石膏刷りは銅版画をプレス機ではなく石膏で刷り取るものです。多摩美術大学版画科の渡辺教授が研究をして新日本造形株式会社から石膏刷りキットとして販売されています。

個展会場でもあるギャラリースペースMさんでは過去にドライポイントでの講座を2回開講しています。版画はとてもマイナーなジャンルで一体どうやって出来ているのだろうという疑問に答えるために開催しました。

そして今回はプレス機をつかわない銅版画に挑戦です!

これこそ一体どうやってやるのという意見が多かったのですが、感性すると紙に刷った以上に物質感があるので感激が大きかったようです。

銅版画はプレス機をという大がかりな装置が魅力でもありますが、このような簡単に刷るということを楽しむ事も近年では出来るようになりました。

会場:ギャラリースペースM
会期:2007年10月20日
時間:13 : 30 - 17 : 30
参加人数:5名
参加費:1500円
材料:石膏刷りキット、9.0×12.0cm 銅版
講師:大矢雅章